Reiko Hidani HP

北欧の子育ての本について(脳科学か心理学か)

日本には北欧の子育てについて関心が高い人が多いようです。私は北欧で育ったわけでも、北欧に住んでいるわけでもないのですが、主に本を通じて、私なりに北欧の子育てについて知り、考えてきました。出会う本の中で、日本でも受け入れられそうな本があればぜひ訳したいと思っています。

でも子育てって本当に難しい分野だと感じています。

例えばフェミニズムの本については、北欧全体のフェミニズムの議論がどんなもので、様々な立ち場の人の意見を概括した上で、著者の意見を提示した本がいくつか出ているのですが、子育ての本については、これ1つ訳しただけでは全体像が見えない本ばかりで、頭を抱えてしまっています。

私が北欧の子育ての本を訳したいのは、日本で子育てしていて、辛いと思うことがよくあるからです。子育て支援センターで親学の講座に何度か参加したのですが、私の偏見かもしれないのですが、子育て支援センターは土曜少しやっているところもあるものの、主に子育てに専念している人に向けた施設であるように思えます。私が支援センターで受けた親学の講座でも、もっともっと子どもに手をかけてあげようというもので、働いている親への視点や配慮が欠けているように思えました。

実際、働いているお母さんだって子どものことをもっと知りたいし、子どものことを思っている人はたくさんいて、そういうお母さん達が、例え時間は限られてはいても、子どもの成長について学び、喜びを感じることができるような本を訳したいと思っています。

*****************************************************

北欧の子育ての本でとても有名なものに、イェスパー・ユール(Jesper Juul)さんというデンマークのファミリ―・セラピストの作品群があります。

yourcompetent

 

 

 

 

 

 

北欧の教育では子ども達の自尊心を高め、自分にも価値があるんだと子ども達皆に思わせることが重視されているように私には思えます。アメリカのエリート教育とは異なる北欧の教育観が私はとても好きです。

北欧では親が絶対的な権威ではなく、子どもの意志を尊重し、なぜそうしてはいけないか理由を説明する傾向が日本よりもあるような気がします(実際は本当は説明しなくてはならないけれど、時間がなかったり根気が続かなくてただダメと言ってしまうこともあるようですが)。体罰も禁止されているようで、余計に親はどうやって子ども達にいいこと、悪いことを言葉で教えるか、どこまで子どもの意志を尊重し、どこからはしてはいけないことと線引きするのか、頭を悩ませているのでしょうか。そういったことをテーマにした本が多く出されていて、特にイェスパーさんの本は、国際的に評価が高いようです。

同じデンマークのリーダー論、コーチングが専門で、LEGOなど様々な企業でも研修を行っている Anette Prehnさんの本もデンマークではよく売れているようです。

FireShot Capture 225 - Hjernesmarte børn af Anette Prehn (Bo_ - https___www.saxo.com_dk_hjernesmar

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デンマークの作品に52件もレビューがついているのはとても珍しいことです。

Anetteさんはデンマーク人ではじめてNeuroLeadership Summitで講演を行った人で、脳科学をどう経営、人材育成、指導、日々の業務に生かすかについて講演、研修を行ってきた人で、2009年には優れた講演者に与えられる賞も受賞しています。

彼女のベストセラー”Brain Smart”の2連作は、子どものしつけ、声かけ、コーチングの本。脳の仕組みを知った上で、それをどう実際の子育てに生かしたらいいかを描いた本です。実践を重視した本で、親として子どもに接していて困った時、具体的にどうしたらいいか、脳のしくみを説明しながらとてもとても読みやすい易しい言葉で描いた本で、デンマークの親、教育者など様々な人に支持されています。ただアネッテさんはリーダーシップ、コーチングがご専門で、脳科学については恐らく独学ではないかと思います。脳科学についての説明は、章ごとに出てはくるのですが、こういう研究があって、こういうエビデンスがあり、という記述は少なめ(あまりそこを描きすぎると、難しくなりすぎるのも理由?)。子どもを導くコーチングの部分の方がやはりご専門なのではないかと読んでいて感じされられるものです。

彼女が面白いのはDafoloという教師向けの教授法についての本を出している会社から、子ども向けの脳の仕組みを知って、生活に生かす『脳と友だちになろう』シリーズ(各巻24ページ、3冊)を出しているところです。

bliv ven

FireShot Capture 227 - Alle bøger af Anett_ - https___www.saxo.com_dk_forfatter_anette-prehn_4482100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でも子ども向けの脳科学の本は少しだけ出ているようです。
egenki

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども向けの実用書で最近ヒットが出ているようなので、こういう本も可能性があるように思えます。

私が惹かれているのはデンマークの心理療法士と心理学者が組んで描いている本です。  彼女達の作品が優れている点は心理療法の現場で子どもの心理について熟知している点、心理療法、心理学と長年向き合ってきた中で、心理学のよさも知りつつ、新たに出会った脳科学を心理学や心理療法の観点から、子育てや、心の傷を負う子ども、発達障害のある子どものケアにどう生かせるか、子どもというものを主眼に描いているところです。  

 

 

『パパは脳研究者』をはじめ、脳科学の研究者の本が描いた子育ての本はとても面白いのですが、脳科学だけで、子どもの発達を全て説明するのは今のところ不可能ではないかと思います。ですので脳科学と別の学問を組み合わせないと今のところ、親や保育関係者が実際に子育て、保育に生かせる程の知識を提供するのは難しいのではないかと思うのです。  

お隣のノルウェーは脳科学の本でヒットを飛ばしています。   

 

“Diving for Seahorses. A Book About Memory”

ナラティブの部分で紹介した本の中で一番この本が魅力があるのですが、その理由は恐らく共著者のHildeさんが小説家だからでしょう。

神経心理学者と小説家の姉妹が、記憶について描いた本です。私は小説的な語りにひかれて、こういう描き方、展開のさせ方があるのだな、と惹きつけられますが、脳研究の点で考えて、どの作品を紹介するべきなのかとても難しく、翻訳の合間にそれぞれの作品をめくってはまた別の本に立ち返り、うだうだしています。

hilde

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です