先生のための夏休み経済教室個人的感想

経済教育ネットワーク、東京証券取引所主催の、先生のための夏休み経済教室に参加しました。

syouken

syouken2

 

1 福井大学 橋本康弘先生 新学習指導要領の考え方、教え方

(個人的に心に残ったお話)

学習指導要領が改訂され、教科書の中で分業と交換、希少性、個人の尊重と法、民主主義、協調、持続可能性といったものが強調されるように。

主体的、対話的で深い学びが重視される。議論することで考え、判断する力を養う。使える知識とは、きちんと公正に考え、説明する力。

☆公正に理論的に考えられているかを学校教育で評価するのは難しい。自分の考えは正しいんだと譲らない子をどう評価すべきか、先生は悩む。

→理由付けができているかを見て判断。そこを授業でどう教えていくかが課題。

対立と合意、効率と公正についてどう教えるか?

☆希少性、格差を仕方ないものとして子どもに伝えてよいのか? これから教育界で議論されていくであろうテーマ。

参考:『10代からのマネー図鑑

money

英国の本だが、日本の教科書と用語説明の違いを比べるのは面白い。

☆中1のクラスで答えが1つだと思っている子が多い。

→新卒の先生が増えて教科書をそのままなぞる授業をしている可能性も。

参考: 『自分で考えよう』アクティブ・ラーニング、公正、理性的に考える力

jibunde

2 日本一短い経済史 筑波大学付属中学校 枡野伸子先生

NHK高校講座 | 政治・経済出演

子ども達には問題の本質を見極める力をつけてほしい。

貨幣の起源について時代ごとに原始時代は貝、石、古代は米など漢字1字であらわすという課題を子ども達に出した。答えはひとつじゃない。面白かったのは、未来のところに板と書いた子がいたこと。クレジットカードやプリペイドカードをイメージしたらしい。

3 日本一短い経済史 京都学園大学学長 篠原総一先生

先生方はアクティブラーニングにとらわれるあまり、深い学びという視点が抜け落ちてしまっているのでは? 課題発見はできても、分析、問題の解決はできていないのでは? 何を教えるか、学ぶかが絞りきれていないので、深い学びができていない。先生が思いきって誘導する勇気も必要。

4 経済学習から主権者教育へ すべての生徒にディープラーニングを 授業のネタ研究会理事、経済教育学会理事 河原 和之先生

『続100万人が受けたい中学地理ウソホント? 授業』

『クイズ主権者教育 ウソっ? ホント 楽しい教材』

『15歳からの経済入門』他著書多数

syukensya 15sai

NHKわくわく授業 コンビニから社会を見る 出演

主権者教育記事読み比べ http://www.nihon-mic.co.jp/yomikurabe/syosai_45.html

 

勉強が苦手な子への指導法が指導要領には書かれていない。すべての子にまじめに議論させるのは難しい。参加しようとしない子もいる。

文部科学省 主権者教育の推進に関する検討チーム

倫理的判断

エシカル消費

チョコレートから世界を見るのは中学校の授業の定番。チョコレートを選ぶとき1チョコfor1スマイルの明治のチョコを選ぶことで児童労働を減らせるかも。これこそ主権者教育。倫理的判断。

児童労働の実態は政府は公表しないので朝日新聞2016年8月24日に載っていたような実際のルポタージュが授業のよい資料となる。

ふるさと納税 沖縄は返礼品がお礼状とモノレールパス1000円分のみだったのに、2016年583件、8071万円もの寄付があった。皆が返礼品目当てではなく、ふるさとの役に立ちたいなどの動機で寄付した人も多かった。

→税の配分を決めるのは行政だという考えの下、ふるさと納税には反対なので授業で取り上げないという先生もいたが、河原先生はふるさと納税に自分が賛成か反対かではなく、実際あるものだから例に使ったそう。

エシカル消費は自分にも社会にも動物にも、未来にとってもよい。いつもできなくても時々やるだけでもいい。1人の1歩が社会を変えると子ども達に伝えたい。

参考:『このTシャツは児童労働で作られました』

konotsyatu

鳥取県 大江の郷 放し飼いの鶏の卵

岩手県 中洞牧場 放牧された牛

(感想)河原先生のお話が個人的に一番心に深く残りました。
5 社会にとってよいことは普遍的か? 加藤一誠先生

国民皆保険制度はよいなど、日本の常識に基づく善悪判断でよいのか?

→様々な思想を示すことが大事。

参考:

『お金の悪魔』経済について様々な主義を持つ人達が出てくる。ひとつの価値観に縛られず、多様な可能性、考え方が示されている。

okane

 

『エコノミックス』自由競争、政府の規制、補助などについても書かれている。

eco

 

科学的分析、データに基づいて判断するべき。アクティブラーニングでは様々な情報を集めて判断する必要がある。

参考:『データで読む教育の論点』

de-ta

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会では様々な経済教育についての資料が配られました。

レインボーニュース』(証券知識普及プロジェクト)

rainbow

ユニーク経済授業などのコーナーあり

『OCOSO!』(JPX金融リテラシーサポート部)
JPX起業体験プログラムについて

東証JPX授業支援プログラム

くらし塾 きんゆう塾』知るぽると、金融広報中央委員会

kurasi

金融経済ナビ

東証 マネ部!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です